消費者金融 ブラック

ブラックリストは存在する!?

「ブラックリスト」は映画やドラマで、よく耳にするかと思います。その店の「要注意人物」なる客が来店すれば、警戒するように店員の間で広まっている“リスト”のことを指します。都市伝説ではないかと思うかもしれませんが、実はどの店でも存在しています。


店のブラックリストに入っている人物としては主に、万引き常習犯やクレーマー等、店に迷惑行為を行っている人がほとんどです。最近話題になっている「モンスターカスタマー」も、ブラックとして見られていることが考えられます。「自分は大丈夫だろうか?」と不安に感じているかもしれませんが、普通に店に来て買い物している分に関しては、心配することはありません。


もちろん消費者金融も例外ではありませんが、店が定める”ブラック”の定義と少し変わります。そもそも消費者金融は、希望する人にお金を貸し出すのが主な業務です。片っ端から申し出た人を断っていては、とてもではありませんが商売になりませんなりません。お金を貸し出した時に得られる金利で利益を上げているので、より大勢の人に貸し出した方が得になるのです。しかし利益を上げるには、借りた人がきっちりと返済をしてくれることが大前提となります。一昔前はかなり高い金利を付けていたので、何人か返済出来なくなったとしても問題ありませんでした。でも今は法律で厳しく規制されているので、決められた範囲内でしか金利をつけることは出来ないのです。


だから今は儲けを出そうと高い金利をつけたくとも、つけられないのが現状です。その中で返済の見込みが無い人にお金を貸し出してしまうと、会社が成り立たなくなり最終的には倒産してしまうこともあります。これを「貸し倒れ」と言い、中小企業だけでなく大企業も大打撃を受けてしまいました。。


倒産してしまうと、消費者金融で働いていた人は生活がままならなくなってしまいます。再就職先を探すにしても、確実に見つかると言う保証もありません。これだけは何としてでも防ぐ為にも、貸出要注意人物をまとめたブラックリストが存在しているのです。「ブラックリスト」と言うと大袈裟かもしれませんが、要は返済能力が無い人物の情報を把握しているに過ぎません。そしてその情報は多くの金融機関で共有しているので、借り入れを断られたから別の会社から借り入れようとしても出来なくなっているのです。「なんて冷たい!」と思われるかもしれませんが、消費者金融側にもそれなりの事情があります。


消費者金融の事情とは

ブラックとして見られてしまうのは、消費者金融の事情によるものが大きいかと思います。ではその事情とは一体何でしょうか。一昔前の高額納税者番付の顔ぶれを見て見ると、消費者金融の経営者の名前が連ねられていました。しかし今は高額納税者が公表されていないので何とも言えませんが、少なくとも「消費者金融はかなり儲かっている」という話は不思議と聞きません。貸金業法の改正により、状況が一変してしまったのです。


貸金業法とは、貸金業(消費者金融や銀行等といったお金を貸し借りする機関)に対して課せられた法律のことです。利用者にとってはほとんど関係の無い法律となっているものの、全く無関係という訳ではありません。今後も利用するのであれば、しっかり頭に刻みこんだ方が良いかと思います。


関係のあるものとしては、年収1/3以上の借り入れを制限する総量規制と、金利上限が挙げられます。消費者金融で借り入れを申し込む際に、源泉徴収票等の収入を証明する書類の提示を求められたかと思います。これは収入を確認する為のもので、もし用意出来なければ借入することは出来ません。また金利上限は改正前であれば29.2%までであれば、”一応”許されていました。利息制限法で決められていた金利を超えていたものの、出資法で定められていた金利は超えていません。法律違反かどうかかなり曖昧な部分はありますが、一応法律は守っているということで許されていたのです。しかしこのままではいけないということで上限金利を20%とまでとし、これまでのように強気にいくことが出来なくなったのです。


もちろん法律になるので、勝手に破ることは出来ません。万が一破ってしまうことになると逮捕されてしまい、実際に警察の”お世話”になった経営者も少なくありません。利用者にとっては借金で悩まずに済むことになると大歓迎されたものの、消費者金融にとってはたまったものではありません。その中で確実に利益を上げるには審査をより厳しく定め、確実に返済出来る人のみに貸し出すしか生き延びる手段は無かったのです。


つまり過去に消費者金融とトラブルを起こしてしまうと、「この人に貸し出すとお金は返ってこない」とみなされ、ブラックとして見られてしまうのです。ではブラックに認定されてしまうと、借入は出来なくなってしまうのでしょうか。確率はかなり低くなりますが、絶対に出来ないという訳ではありません。



ブラックでも消費者金融の利用は出来る?

もしブラックになったとしても、本当に消費者金融の利用は出来るのでしょうか。基本的には借入することは出来ず、言葉は悪くなってしまいますが、門前払いされるのがオチです。


そもそもブラックになったからには、何か必ず理由がある筈です。理由も無しに誰もかしこもブラックとして見ていては、とても営業は成り立ちません。ブラックに認定される理由は様々ですが殆どは「必ず返済する」という約束を破ってしまったが為に信用情報に“傷”がついてしまい、ブラックになったと考えられます。信用情報は国内にある金融機関が共有しているので、何処へ行っても取り合ってくれることはないでしょう。そもそも借金があるにも関わらず、別に借り入れるのはあまりすすめられた方法とは言えません。もしお金が今すぐにでも必要ならば、キャッシング以外の手段を取った方が賢明です。


しかしブラックだからとは言え、絶対に借り入れられないという訳ではありません。ポイントは、先ほど少し述べた信用情報にあります。信用情報についた”傷”は、5年経てば消滅し“無かったこと”になります。つまり再び消費者金融を利用したいのであれば、特に何もせず5年待てば良いだけの話です。「長い」と感じるかもしれませんが、5年と言う月日は意外と短いものなのです。


また可能性はかなり低くなりますが、中小企業の消費者金融ならば利用出来るかもしれません。消費者金融を取り巻く環境はかなり厳しくなり、大企業であってもいつ倒産しても不思議ではありません。その最中で生き抜く為には、ブラックになっている人にでも貸し付けなければやっていけないのです。ただし「ブラックOK」としている消費者金融の中には、かなり怪しい所があるのも事実です。冷静になれば見分けは簡単につくかと思いますが、色んな所に断られて逃げ場が無い状態となると難しいでしょう。もし中小企業の消費者金融の利用を考えているのであれば、いつも以上に慎重に進めるようにして下さい。


消費者金融に頼るのは最終手段として捉え、まずはご自分の力で何とかお金を捻出する様にしましょう。「そんなに簡単に出来れば苦労は無い!」というお叱りの声もあるでしょうが、意外と簡単な方法で作り出すことは可能です。どこかの怪しいセミナーみたいな煽り文句みたいになってしまったものの、その方法は冷静に考えればおのずと分かる筈です。出来る範囲内だけでも良いので、是非とも実践するようにして下さい。

消費者金融以外にお金を工面する方法

"消費者金融以外にも、お金を工面する方法はあります。金額にもよるので希望額全部となると難しくなるかもしれませんが、少しは足しになるかと思います。別に借り入れの申し込みをするのも悪いとは言いませんが、ぬかるみにはまるだけです。ブラックになったからこそ、今すぐにお金が必要なのは分かります。でもこういう時だからこそ冷静になり、消費者金融以外でもお金を工面する方法を探る必要があります。


まずは基本となる、家計そのものの見直しです。注目すべきポイントとしては、収入が月に幾らあるのかを確認するようにしましょう。そして収入から現在支払い続けている毎月の返済額と生活費を引き、自由に使える金額を割り出していきます。


自由に使えるお金が割り出せたらご自身のお金の使い方について、じっくり考えるようにしましょう。もしギャンブル等といった生活に不必要なものに対して使い込んでいるのならば、今すぐにでも辞めるべきです。他にも余分な買い物をして無駄遣いをしたり、趣味に注ぎ込んだりするのも控えるようにしましょう。お金を自由に使いたいと思うのならば、今抱えている”問題”を全て解決してからです。地味な作業に思えるかもしれませんが、意外とこれだけでもかなりのお金が捻出出来る筈です。


更に知人や友人に正直に事情を話し、お金を工面してもらうのも1つの手段です。内容が内容だけに中々打ち明けにくいとは思いますが、借金の問題は1人で何とか出来るほど甘い物ではありません。そこで知人や友人に頭を下げて、手を貸してもらいましょう。ただし「お金の切れ目が縁の切れ目」とはよく言ったもので、知人や友人から借り入れたお金は消費者金融よりも慎重に扱わなければいけません。もし「お金は必ず返す」と約束をしたのであれば、如何なる事情があっても必ず守るようにしましょう。ただしそれでもまだ足りないと言うのであれば、家財道具一式を売り払うのも良いでしょう。流石に家財道具まではと思うかもしれませんが、自己破産ともなればどの道強制的に手放さなければならなくなります。強制的に手放すよりは自主的に手放した方が、心理的負担は軽くなる筈です。


ただそれでも何ともならないのであれば、借金そのものの負担を軽くする任意整理があります。お金を新しく得ることにはなりませんが、上手く行けば毎月の返済額を減らすことが出来る筈です。もし気になるのであれば無料の相談窓口まで、足を運んでみては如何でしょうか。

"

お金に困ったらどうしたら良いの?

"今抱えている借金を借金で返済するのは、辞めるべきです。余計に借金が増えてしまうので消費者金融からブラックとして見られるだけでなく、生活そのものが大きく変わってしまいます。新しく借入れるのは簡単な解決策かもしれませんが、やはり借金そのものをきちんと整理して少しでも負担を減らすようにしましょう。


借金を整理する方法は幾つかありますが、まず着手するのが任意整理です。大まかに言うと消費者金融と話し合うことにより、返済しやすいように手続きを行うことを指します。最近CM等で「過払い金の請求」という言葉を耳にするかと思いますが、これも一種の任意整理です。大雑把に説明すると払い過ぎた利息分を取り戻すことにより、借金の負担を減らしていこうという訳です。長期に渡って返済し続けているのであれば、過払い金が発生している可能性はあります。もし気になるのであれば、専門家に相談してみては如何でしょうか。


ただし任意整理を行ったからとはいえ、借金を返さなくても良いということにはなりません。あくまでも借金の負担を減らしただけに過ぎず、負債免除になった訳ではありません。しかし任意整理を行ったとしても、どうしようもなくなることもあるでしょう。その時は裁判所を介して、借金を整理する方法が取られます。裁判所と聞くとおおごととして捉えるかもしれませんが、事件裁判ではないのでそこまで大きなものではありません。消費者金融と裁判所で話し合い、返済しやすいように調整していくのです。上手く行けば返済日を先延ばしにしたり、場合によっては負債額を一部免除になったりすることもあります。もちろん破産する訳ではないので、生活に支障も出ません。


ただ裁判所で話し合ってもまだ返済が厳しいのであれば、自己破産という最終手段に打って出るしかありません。あまり良いイメージはないかもしれませんが、認められれば新たなスタートを切るチャンスが与えられることになります。自己破産ともなれば生活そのものも大きく変わってしまうものの、負債額を支払う必要が無くなるので安心を得る事が出来ます。


もし消費者金融からブラックだと見られてしまったのならば、「警告」として親身に受け取らなければいけません。お金を手っ取り早く工面したいという気持ちは分からなくはありませんが、更にご自分を苦しめるだけです。現在借金を抱えており返済が難しくなったのならば、切り抜ける方法は幾つかあります。自分1人だけで考えてはいつまで経っても答えは出ないので、思い切って誰かに打ち明けるようにして下さい。

"